浸透力と保水力が高い化粧品が肌に良い理由

浸透力と保水力が高い化粧品が肌に良い理由

浸透力と保水力が高い基礎化粧品を使用することで肌のハリや弾力が期待できます。
肌のハリや弾力がでると毛穴を埋めるように隠すことができるようになるため、毛穴は目立ちにくくなるのです。

 

 

肌や毛穴を引き締めるためにアルコールがたっぷりと配合された化粧水を使用することもありますが、これはアルコールが蒸発する際の感覚で一時的に毛穴が引き締まったような感覚になるだけ肌の水分を蒸発させて乾燥させ、結果的には肌に保水することなく肌のハリや弾力がでないだけではなく毛穴も目立つようになります。

 

 

化粧品を使った瞬間は肌が潤っていても暫くすると乾燥を感じることがあります。
この場合には保水力が高い化粧品であれば乾燥も気にならなくなります。
保湿効果で大切な保湿力のポイントになるのは浸透力です。

 

 

肌の表面だけを保湿ケアしても成分が肌の奥に浸透していないと根本的に保湿できているとはいえません。
肌の構造に合わせて必要な部分に必要な成分がしっかりと浸透して成分を届けることが化粧品の保湿効果に繋がります。

 

 

特に乾燥肌の場合、化粧品を選ぶ際に重視するのは保水力浸透力です。
保水力は乾燥から肌を守り乾燥しにくい肌に導きます。
乾燥がひどいと油分に頼ってしまいがちですが、油分を肌に与え過ぎると毛穴のつまりなど肌トラブルを招く恐れがあります。

 

 

肌に潤いを与えハリや弾力を戻すためには、肌に潤いを閉じ込めるだけの保湿、肌に潤いを届ける保水力も大切です。
乾燥を防ぎたいために保湿ばかりに気を使いがちですが、肌を保護する油分にばかり注意しても無駄なのです。

 

 

保水するためには浸透力のある化粧品を選ぶことが大切です。
肌に水分や成分が浸透すると肌が潤います。
水分を補給したら化粧水以外の油分のある化粧品で蓋をして水分を肌に閉じ込めます。
化粧品には水分を浸透させる浸透力と保水力、油分で肌にベールを作る保湿が大切なのです。